読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sonmei’s diary

主に読書記録です。拙いです。

川上未映子「わたくし率 イン 歯ー、または世界」を読んで

読書記録

 読みたいと思いつつ手を付けていなかった川上未映子の小説を一読(特にブックオフなんかだと弘美の方はいつもあるのにこっちはなかなかみつからないですよね)。 読み始めてすぐに関西弁が席巻していることに驚き。関西弁loveな人間ではないので最初辟易していたものの、朗読しながら読んでみると会話調で淡々と進む文章のリズムが非常に心地よいことに気づく。もちろん関西弁に特別そういう作用があるとは思わないのだけれど。

 <わたし>は並列な可能性の中から、形而上の自分が奥歯の中にあると定義する。自身が肯定感の持てる仕事を探して化粧品の販売員から歯科助手に転身するのだが、ここまで来て僕は小学校のおそらく道徳の授業で自分の心は体のどこにあるのかという質問を担任教師から投げられたことを思い出した。 直前にクラスでも博識で有名で、クリスマスプレゼントに算数ドリルを頼んだ少年が「脳」と応えていたので僕としてはそれとは違う答えを言わなくてはならず、まぁ脳だけあってそれだけで思考もできないしそもそも不可分なものじゃないかということで「体全体?」なんて答えた。こういう時に教員は何かの受け売りか知ったかぶりか、挙句の果てに皆さんどう思いますかと多数決をとったりして濁すので端的に言って糞だ。「奥歯です」とか言っとけばよかった。

 それはともかくとして、それからは<わたし>の恋人の青木と未来のわが子に対しての日記とも手紙ともつかぬ文章や同僚の三年子からのいやがらせなんかの後に歯科医院にやってきた青木のもとへ走っていき、すべては彼女の妄想なのが露見し、なんとなく彼女が奥歯に執着する理由が分かってくる。最後におそらく母親になった彼女が子供の永久歯が生えてこないのを心配しに頻繁に歯科医院に通っているので話が終わる。

 話の筋がどうこう以前に(普通におもしろかったです)彼女が肌が紙やすりみたいでブクブクに太った醜女だということに驚いた。僕の勝手な想像だが、歯科助手にはある程度美人である必要があろうと感じていたからだ。人さまには基本的には見せることのない空間を見せるわけであるから、男性医師はともかくできればきれいな女性に見てもらいたいというのは多かれ少なかれあると思うのだ。多分男性作家だったら美人ということににするんじゃないかなぁと思う。もっともみんなマスクをしているので現実の歯科助手が美人かどうかなんて知らないし、僕は虫歯もないのであんまり厄介になる機会もないのだが。

 そうはいっても最近自分の歯が気になる。最近自分の歯が気になる。歯列が狭く内側に向かって生えている下の歯や少し前方向に傾いて開口気味の前歯なんかが気になってスマホの鏡のアプリなんかを使ってちょくちょく観察している。横から見た顔はEラインというには口元が少し出っ張っていたりと審美的な面でも機能的な面でも少しばかり気になるのだが、強制するには中途半端だし、傍目には歯並びの悪さがほとんど気になるものではないのでわざわざ高い金を払って施術しようとは僕の親は思わなかったらしいがやっぱり気になる。おそらくこの小説を読もうと思ったのにもそんなわけがあるのだろう。

 彼女の子供への日記は8個あり、それはすべて7月の晴れた日の事なのだけれど時系列がバラバラで同じ年に書かれたものとは思えないし、それならば8年かけて書かれたことなのかパラレルワールドの事なのだろうか。あるいは批評家の人間は理解できているのかもしれないが私にはわからない。精神病者の時間感覚は興味深い。 奥歯が自分自身だとすると、青木の奥歯を抜こうとしたのは失望からくるとっさの殺人感情だろうし、自分の奥歯を抜いたのは自分が何者でもありたくない思う(オビト?)ことによる自殺願望だろうし、そう思うと話は一気に生々しくなる。ある種の強迫観念であろう三年子のいうように「あんたいま最悪なことになってんねんで!」状態。最後の母娘の様子がここでは救いとして書かれてるのだろうな。 総じて感想は「衝撃的」。

 

わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫)

わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫)